• 刊行予定
  • 電子版配信予定
  • 既刊一覧
  • 購入特典・全巻購入方法
  • 監修者より
  • 全集の特質
  • 応援書店はこちら(PDF)
  • 告知動画

新着ニュース 一覧

「バオーンの夕べ」ご招待状発送開始しました 2014年01月17日

この度は、「水木しげる漫画大全集 刊行記念イベント バオーンの夕べ」にたくさんのご応募をいただきまして、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。応募多数につき、厳正な抽選のうえ、ご当選者を決定させていただきました。当選された方には、イベントのご招待状を発送させていただいております。また、当選発表はこのご招待状の発送をもってかえさせていただきます。

■当日について

・当選された方は、招待状の注意事項を必ずご確認のうえ、ご来場をお願い致します。
入場は、招待状宛名のご本人に限らせていただきます。

・当日は受付が混みあうことが予想されます。お時間に余裕を持って早めのご来場をお願い致します。

・当日の会場内は着席、すべて座席指定となっております。受付時に抽選の上、お座りいただく座席を指定させていただきます。予めご了承ください。

・当日悪天候や災害などが起き、やむを得ずイベントの開催が難しいと判断された場合、中止になる場合がございます。
 その場合は、当日午前10時までに、この水木しげる漫画大全集公式HPのNews欄にて開催可否を告知します。

「水木全集」第8回配本、発売です! 2014年01月04日

新年明けましておめでとうございます。
「水木しげる漫画大全集」第8回配本の2冊、『フーシギくん 他』と『猫楠 他』が本日発売致しました。
『フーシギくん 他』は、単行本初収録作品が全体の半分以上(当社比)を占めるお宝本!少年フーシギくんが様々な妖怪と飄々と戦う表題作の他、幼年誌・学年誌掲載作品を中心に集めた作品集です。
『猫楠 他』は希代の博物学者・南方熊楠を描いた伝記漫画。型破りな不世出の天才怪物を、猫の視点から見た「猫楠」の他、「快傑くまくす」「怪少年」「てんぎゃん」が収録された読み応えのある一冊となっております。
また、今回の巻末解説は『フーシギくん 他』が漫画家・魔夜峰央氏。『猫楠 他』が思想家・中沢新一氏。月報『茂鐡新報』では今回も水木先生の最新ショットや制作秘話インタビューがたっぷりと掲載されております。盛りだくさんの「水木しげる漫画大全集」、今月もすみずみまでご堪能ください。

第1期33巻全巻購入者全員がもれなくもらえる、W特典は2014年1月末日がお申し込み締切!!お申込みがまだの方は、今スグお近くの書店様にてお申込みを!
特典の詳細や、今後の刊行予定などは公式サイトにてご確認ください。
※ハガキでお申込みの場合……2014年1月末日消印有効。
※第1期全巻購入予約を受け付けているネット書店でご予約の場合……2014年1月末日お申込み受付分まで。

>>「水木しげる漫画大全集」はコチラから!!

参加者募集!「水木全集」刊行記念イベントのお知らせ 2013年12月19日

水木しげる漫画大全集 刊行記念イベント水木しげる漫画大全集 刊行記念イベント

第1回の夕べ


〜責任監修・京極夏彦氏と編集委員会が水木漫画を語りつくす!!!〜



このたび、「水木しげる漫画大全集」刊行を記念して
「第1回 バオーンの夕べ 〜責任監修・京極夏彦氏と編集委員会が水木漫画を語りつくす!!!〜」を開催いたします。
京極夏彦氏と編集委員会のメンバーが、ここでしか聞けない制作秘話、大全集の魅力ととっておきの読み方などを、大全集刊行以来初めて披露します。皆様のご応募をお待ちしております。


日時:2014年1月25日(土) 
 午後4時開場 午後4時半開始 〜休憩をはさみ〜 3時間程度

場所:都内某所(ご当選の方のみにお知らせいたします)
 ※交通費、宿泊費などは個人でご負担いただきます。

参加費:無料です。

応募方法:参加ご希望の方は、必要事項(郵便番号、住所、電話番号、氏名、年齢、性別)を記入し
ハガキ、もしくは メールにてご応募ください。


ハガキの宛先:〒170-8691 
東京・豊島局 私書箱174号「バオーンの夕べ」係

メール送付先:mizuki@kodansha.co.jp

応募締切:2014年1月6日(月)(当日消印有効)

応募者多数の場合、やむを得ず抽選になる場合がありますので、予めご了承ください。
当選の方には詳細な案内状をお送りいたします。
(ご案内状は2014年1月15日頃、発送する予定です)

講師 
責任監修者・京極夏彦氏
茂鐡新報主筆・村上健司氏
大全集ブックデザイナー・坂野公一氏
水木しげる先生次女・水木悦子氏
その他、豪華ゲストも来るかも?

*当日イベントの一部をニコニコ生放送にて無料配信する予定です。

同時開催 水木しげるなんでもお宝度数判定大会


 もし、皆様のお手元に、水木しげる先生にまつわる生原稿、希少本、その他お宝がございましたら、
お名前、ご連絡先を明記の上:mizuki@kodansha.co.jp宛にメールでその内容をお送りください。
(2014年1月6日締切)重要物件をお知らせいただきました方には、こちらから折り返しご連絡の上、
当日会場で京極夏彦氏ほか講師の方々が、お宝を拝見いたします。

*お客様の住所・氏名などの個人情報は、本イベントの当選をご案内するためのほか、
水木全集に関するご案内送付や、お客様個人を特典しない統計資料として利用させていただく
場合がございます。


株式会社 講談社コミッククリエイト
株式会社 講談社

「水木全集」第7回配本、発売です! 2013年12月03日

「水木しげる漫画大全集」第7回配本の2冊、『ゲゲゲの鬼太郎(2)』と『東海道四谷怪談/耳なし芳一』が本日発売致しました!
『ゲゲゲの鬼太郎(2)』は、6月発売の1巻に続き、2巻が登場です。カラーページがふんだんに盛り込まれた『ゲゲゲの鬼太郎』。発表時の美麗さを再現したクオリティの高さは今回も必見です!また、巻末の解説は声優・野沢雅子氏。アニメで初代・鬼太郎の声を演じた野沢氏ならではの、貴重なエピソード満載の解説です。
『東海道四谷怪談/耳なし芳一』は、水木先生により古典名作が新たな魅力を放つ一冊。竜一族と天邪鬼一族の闘争に巻き込まれ、自分の妻・お岩を殺すことになる「東海道四谷怪談」や、不思議な少女により現代から過去へと琵琶をめぐる因縁をさかのぼる「耳なし芳一」など、一味違った日本の古典が楽しめます!こちらの巻末解説は、講談師・一龍斎貞水氏。
もちろん、今月も月報・『茂鐡新報』にて、水木先生の最新ショットや制作秘話インタビューが掲載されます!「水木しげる漫画大全集」、今月もすみずみまでご堪能ください。

第1期33巻全巻購入者全員がもれなくもらえる、W特典は2014年1月末日がお申し込み締切!!特典の詳細や、今後の刊行予定などは公式サイトにてご確認を!
※ハガキでお申込みの場合……2014年1月末日消印有効。
※第1期全巻購入予約を受け付けているネット書店でご予約の場合……2014年1月末日お申込み受付分まで。

>>「水木しげる漫画大全集」はコチラから!!

「水木漫画大全集」第6回配本、発売です! 2013年11月01日

「水木しげる漫画大全集」第6回配本の2冊、『ガロ版 鬼太郎夜話』(下)と『コケカキイキイ他』が本日発売致しました!
『ガロ版 鬼太郎夜話』は、10月発売の上巻に続き、下巻が登場です。夜話編は、これにて完結となります!ちょっと大人っぽい鬼太郎話、お楽しみください。
『コケカキイキイ他』は、表題作の他「エロ河童」や「エロだこ」などインパクトのある作品がずらり!!どれも読むとちょっと切なくなる、大人の短編集となっております。
また、今回の巻末の解説は、『ガロ版 鬼太郎夜話』(下)に電気グルーヴ。『コケカキイキイ他』には水木先生の次女であられる水木悦子氏。水木先生の知られざる一面や、家庭内の様子など、ファンでなくても必読です!!
月報・『茂鐡新報』でも、水木先生の最新ショットや制作秘話インタビューが掲載されるなど、盛りだくさん!「水木しげる漫画大全集」、今月もすみずみまでご堪能ください。

第1期33巻全巻購入者全員がもれなくもらえる、W特典もまだまだ受付中。(これまでお申込みいただいていお客様には、特典発送開始致しました!)特典の詳細や、今後の刊行予定などは公式サイトにてご確認を!

>>「水木しげる漫画大全集」はコチラから!!

「ご予約特典」発送開始じゃ! 2013年11月01日

わしじゃ! 『水木しげる漫画大全集』の目玉情報をお知らせする「目玉おやぢ」じゃ! 「目玉おやじ」じゃなくて「目玉おやぢ」じゃ。ましてや「目玉おじや」ではないぞ、美味しそうじゃがな。みんな、間違えないようにな。

……くだらないことをいっておる場合ではない! 『水木しげる漫画大全集』第1期33巻をご予約いただいた皆様にお知らせじゃ!

第1期33巻をご予約いただいた皆様にお贈りする「W特典」じゃが、いよいよ発送を開始したぞ! もうそろそろ、皆様のお手元に届いておる頃かもしれんのう。

<W特典とは?>
1.スペシャル別巻『別巻1 未発表作品/未完成作品・未定稿集』(全集と同サイズ)


2.ねずみ男の名刺付き『ビビビの名刺入れ』




手前味噌だが、どちらも素晴らしい逸品じゃ。スペシャル別巻にはなんと描き下ろし新作『墓場の鬼太郎』が収録されておるし、名刺入れも大変ゴージャスな作りでな、京極夏彦先生も気に入って使っておられるという噂じゃ。

【ご注目】ここで、ご予約いただいた皆様に業務連絡じゃ。

せっかくご予約いただいたのに、お名前やご住所、お電話番号の書き間漏れがあったり、引っ越しされていたり、いろんな理由でW特典をお送りできない方がいらっしゃるようじゃ。そういう方々には、現在ご確認させていただきながら、順次お届けしておる状況でな。お待たせしてまことに申し訳ないことじゃが、どうかお許しくださいませじゃ。

もし、11月中頃になっても「予約したのに、まだW特典が届かない」という方がおられたら、こちらにメールでお問い合わせくださらんじゃろうか。お手数をおかけしてごめんなさいじゃ。

<「ご予約特典に関するお問い合わせ」専用メールアドレス>
mizuki@kodansha.co.jp


おっと、忘れていた! 第1期33巻のご予約は、まだまだ今からでも間に合うぞ! 最終締め切り日は「2014年1月末日」じゃ。予約方法はこちら。

※ハガキでお申込みの場合……2014年1月末日消印有効。
※第1期全巻購入予約を受け付けているネット書店でご予約の場合……2014年1月末日お申込み受付分まで。



豪華W特典が手に入る最後のチャンス、皆様どうぞお見逃しなくじゃ!

『ダ・ヴィンチ』11月号に「惚れられた」ぞ!(2013.10.05) 2013年10月04日

わしじゃ! 『水木しげる漫画大全集』の目玉情報をお知らせする「目玉おやぢ」じゃ! 早くも2回目の登場じゃ!

またニュースじゃ!
そして10月6日発売の『ダ・ヴィンチ』11月号で、なんと『水木しげる漫画大全集』が一等賞を受賞したのじゃ! 快挙じゃ!

……なに? なんの一等賞か?
『ダ・ヴィンチ』には毎号「この本にひとめ惚れ」という人気コーナーがあるのを知っておるか? 糸井重里さん(コピーライター)、秋山具義さん(アートディレクター)、関口靖彦さん(『ダ・ヴィンチ』編集長)のお三方が書店さんに行って、そこで見て「ひとめ惚れ」した本を紹介するというコーナーなのじゃ。そして11月号では『水木しげる漫画大全集』が、お三方が惚れ込んだ本10冊の中の一等賞に選ばれたのじゃ!





「チョモランマの頂を目指すかのような壮大な仕事に感心せざるをえない。と同時に頂(水木しげる)に敬意を表したい」(糸井重里さん、記事より)

世界最高峰・チョモランマに喩えるとは、さすが糸井さんじゃ。ちなみにチョモランマというのはチベット語で、英語ではエベレスト、ネパール語ではサガルマータじゃ。「おやぢ豆知識」じゃ。
他のお二人も素晴らしい賛辞を寄せて下さったが、それは『ダ・ヴィンチ』を読んでのお楽しみじゃ。わしはケチなのじゃ。

加えて今回は、監修者であるわれらが京極夏彦さんの特別インタビューも掲載されておるぞ。この前人未到の全集にかける情熱を熱く語っておられるが、一方で、この全集を編集することが「悔しい」とおっしゃっているのが、実に面白いのう。

……なに? 「悔しい」って何が悔しいのか? それもまた『ダ・ヴィンチ』を読んでのお楽しみじゃ。わしはケチなのじゃ。

という訳でみんな、またまた書店にGOじゃな!


(2013.10.05)
『ダ・ヴィンチ電子ナビ』>>>

「水木漫画大全集」第5回配本、発売です! 2013年10月03日

「水木しげる漫画大全集」第5回配本の2冊、『ガロ版 鬼太郎夜話』(上)と『貸本漫画集3 怪獣ラバン他』が本日発売致しました!
『ガロ版 鬼太郎夜話』は、メジャーデビュー後にリライトされた長編鬼太郎作品です。鬼太郎の誕生や学校に通う様子、のど自慢に出場するエピソードなど、人間社会で生きる鬼太郎が描かれるちょっと大人っぽい鬼太郎話。
『怪獣ラバン他』は、表題作の他、スポーツ万能な13代目宮本武蔵が活躍する「スポーツマン宮本武蔵」、猫娘の原型となる「怪奇猫娘」など、初期貸本漫画のまぼろしの作品群が一挙掲載。なんと!水木先生の少女漫画3編も収録されています!!
また、今回の巻末の解説は、『ガロ版 鬼太郎夜話』(上)に美輪明宏氏。『貸本漫画集3 怪獣ラバン他』には小説家の夢枕獏氏。さらに、月報・『茂鐡新報』では、『鬼太郎夜話』のリライトに至るエピソードや、少女漫画についてのインタビューなど、今月も盛りだくさんの内容です。「水木しげる漫画大全集」、今月もすみずみまでご堪能ください。

第1期33巻全巻購入者全員がもれなくもらえる、W特典もまだまだ実施中。特典詳細や、今後の刊行予定などは公式サイトにてご確認を!

>>「水木しげる漫画大全集」はコチラから!!

『+DESIGNING』vol.34で大特集じゃ! 2013年10月01日

わしは『水木しげる漫画大全集』の目玉情報をお知らせする「目玉おやぢ」じゃ! 突然出てきてすまんが、よろしくな!

さて、ニュースじゃ!
『+DESIGNING』という雑誌のvol.34(2013年11月号、9月27日発売)で、『水木しげる漫画大全集』が5Pにわたって大特集されておるぞ! ちなみに誌名は「プラス・デザイニング」と読むのじゃ。わしは英語が堪能なのじゃ。

この雑誌はデザイン業界の人やデザインに敏感な人がみんな読んでいる専門雑誌なんじゃが、今回『水木しげる漫画大全集』が取り上げられたのは「FIND UP BOOK」というコーナー。題して、<『水木しげる漫画大全集』、ついに刊行開始! DTPによるデジタルリマスターとは?>――。

……なんだかよくわからんという方もおられるかもしれんが、要するにじゃ、「『水木しげる漫画大全集』はいかにして作られているか?」を技術的に大解剖しているのじゃ。

何しろ『水木しげる漫画大全集』は、水木しげる先生の半世紀以上にわたる漫画作品を全部網羅しようという、途方もないチャレンジじゃ。古い作品の中には、原稿がひどく傷んでいるものもある。原稿自体が失われて、粗悪な紙の雑誌でしか残っていないものもある。とても版として使用に堪える状態ではない。では、どうすればいいのか……?

そう、「原画がなければ、今あるものを原画に戻せばいい」――。その最新のCG&DTP技術を使った原稿再生と印刷のプロセスを、水木先生の「弟子」を自認する監修の京極夏彦先生と、全集のチーフ・デザイナーである坂野公一さんが、惜しげもなく大公開しているのじゃ。

例えば、古い雑誌の潰れてしまった絵。印刷物をスキャンして線を一本一本、それこそ髪の毛レベルで再生していく。かすれてしまったスクリーントーンは、手作業ですみずみまで真っ白に拭いた上で、再度同じ濃度で塗り直す。カラーページは『全集』の本文用紙に合わせて色をひとつひとつ補正する。絵の上に文字が載っている部分は、文字を消去して下に隠れていた絵を復元し、その上から新たに文字版を組んでいく……。




「まず、正しいかたちはどれなのかを吟味する必要があります。さらに、正しい形が同定できたら、原稿がそろっているかを確認する。見つからない場合は、掲載誌や単行本から復元する。『水木しげる漫画大全集』では、そういう作業を、一話ずつ、ていねいに行なっています」(京極夏彦先生、特集本文より)

この特集を読むと、京極先生や坂野さんが日夜行っている繊細な作業と、お二人の高度な技術にびっくらこいて、わしならずとも「目ん玉が飛び出る」こと間違いなしじゃ。しかしそれもこれも、水木作品に寄せる愛情の賜物なのじゃなあ……しみじみ。

というわけで、『水木しげる漫画大全集』はいかにして作られているのか、その秘密が気になる方は、今すぐ書店さんにGOじゃな!


▼『+DESIGNING』はこちら

お詫びと訂正のお知らせ 2013年09月10日

読者のみなさまへ

水木しげる漫画大全集6月刊『「忍法秘話」掲載作品 全』収録の「太郎稲荷」につきまして、本作品は、星新一氏の作品「福の神」(新潮文庫刊『妖精配給会社』所収)が原作であるにもかかわらず、必要な調査を怠った結果、星新一氏の著作権者様へ許諾を得ず、また、原作表記もせずに掲載・刊行しておりました。ここに、星新一氏関係者の皆様へ深くお詫び申し上げるとともに、読者の皆様へ誤解を与えたことをお詫び申し上げます。

 本作品に関して、第3刷から、『原作・星新一「福の神」(新潮文庫刊『妖精配給会社』所収)』を作品内に表記することをお知らせいたします。
加えて、水木しげる漫画大全集で掲載可能な最新巻の月報にも、『お詫びと訂正のお知らせ』を掲載し、本作品が星新一氏の原作であることを広く読者の皆様に告知いたします。
発行者・発行所の、講談社・講談社コミッククリエイトは、水木しげる漫画大全集の刊行にあたり、今回起きました問題を厳粛に受け止め、二度とこのような問題が生じないような厳重なチェック体制の整備と励行に努める所存です。


株式会社 講談社
株式会社 講談社コミッククリエイト